sixpad シックスパッド 使い方

SIXPAD(シックスパッド)の使用方法

 

SIXPAD(シックスパッド)は、専用のシートにペタッと貼っているので、これを剥がします。
剥がしたら、鍛えたい部位にペタッと貼ります。

 

sixpa台紙から剥がす

 

私の場合は、SIXPADのアブスを購入したので、腹筋の部分に貼ります。

 

本体中央にある、+ボタンを2秒長押しすると始まります。

 

あとはレベルを調節します。

 

レベルは1から15まであります。

 

SIXPAD刺激レベル

 

残念ながら、レベルを表示するメーターのようなものはないので、自分で何回プラスボタンを押したか覚えておくしかないです。

 

一度、電源を入れると23分間のトレーニングモードに入ります。

 

初めの1分間はウォーミングアップ、次の5分はトレーニング1、その次の5分はトレーニング2とEMSの刺激のパターンが変わっていきます。
11分のトレーニングが終わったら30秒間の休憩です。その後5分間はトレーニング3、休憩30秒間、トレーニング4、クールダウン1分間とアスリートのトレーニングメソッドを取り入れたプログラムで進んでいきます。

 

SIXPADプログラミング

 

途中でEMSの刺激のレベルを変更することができます。プラスとマイナスボタンで調節をします。

 

トレーニング中にやめるときは、マイナスボタンを長押しすると、電源が切れます。

 

また、電源をつけたまま、体からSIXPADを剥がしても、自動で電源が切れるようにできています。

 

 

SIXPAD(シックスパッド)はどんな場面で使用できるか

 

SIXPADの薄さと軽さは、今までにあったEMSの器具とは全然違うものです。

 

その為、SIXPADをお腹に貼ったまま通勤をしてもジャケットやシャツを着てしまえば気づかれずに、通勤中にエクササイズをすることができます。
(レベルを3ぐらいにしておかないと、ビクビク体を動かしてしまい変な人と思われるかもしれません(笑))

 

あとは、仕事から帰って、お風呂に入って、歯を磨いたり、テレビを観たり、本を読んでいるときにSIXPADをつけて鍛えることができます。

 

主婦の方は、掃除をしたり、ご飯を作ったりするときにSIXPADをつけて、ながらエクササイズをすることができます。