スポンサードリンク

ぷらっとこだま、料金、予約方法や空席状況、時刻表に関して

ぷらっとこだまというプランをご存知でしょうか。東海道新幹線に格安で乗ることができるのですが、まだ意外と知られていないかもしれません。今回は、ぷらっとこだまの詳細について説明します。

2018年3月現在、新大阪発東京行きなら、7時53分が始発となり、大体一時間毎に一本利用することができ、最終が19時53分となっています。逆

に東京発新大阪行きなら、6時33分が始発となり、約30分毎に一本利用することができ、最終が20時26分となっています。

かなり早い時間から利用できるだけではなく、遅い時間も利用することができるので、旅行や出張などの都合に合わせて利用できるのが嬉しいです。

ただ、こだまを利用するため、新大阪東京間で約4時間かかりますが、特に急いでいない方なら、のんびりと電車に揺られながら目的地まで向かうという選択もありかもしれません。

スポンサードリンク



 

ぷらっとこだまの料金について

ゴールデンウィークやお盆、年末年始といった繁忙期を除く、通常期なら東京新大阪間が大人一人10500円となり、かなり格安になります。

普通にこだまを利用した場合だと、同じ条件で指定席で利用すると14140円もかかるので、3840円の節約となり、往復だと7680円も安くなります。

これだけ安いと、旅先で何か贅沢をするということもできるのでおすすめです。

しかも、ぷらっとこだまだけ、1ドリンクが無料という嬉しい特典つきです。

ぷらっとドリンク券引換券のステッカーの貼ってある駅構内の売店で、ぷらっとこだまを購入した時にもらえる引換券と交換することで、1ドリンクもらうことができます。

筆者も実際に体験してみましたが、もらえるドリンクもソフトドリンクだけではなく、缶ビールやチューハイといったアルコール類もあり、長旅のお供に最適でした。

しかも、引換券を交換するだけでもらうことができるので、売店で他の商品を買わなくても大丈夫です。

スポンサードリンク



 

ぷらっとこだまの予約方法について

ぷらっとこだまを利用する方法の中で、一番簡単なのが、JR東海ツアーズの支店で予約する方法です。

これなら、大きな駅には大体支店がありますし、出発前日まで予約できますし、店頭ですぐにクーポンと呼ばれるチケットをもらうことができるので便利です。

それ以外にも、JTB各店やJTB総合提携店でも同様に予約することができますが、取り扱っていない場合があるので、確認が必要です。

その他、インターネットや電話でも予約することができます。インターネットだと出発の5日前、電話だと出発の2日前までとなっていますが、送料はかかるものの自宅までクーポンを郵送してくれるので便利です。

ただ、指定された列車や座席等を変更することはできなかったり、途中乗降できなかったり、変更やキャンセルの場合、出発日の10日前からキャンセル料が発生することに注意が必要です。

スポンサードリンク



 

ぷらっとこだまの空席の調べ方

一番簡単なのは、JR東海ツアーズのぷらっとこだまのホームページを確認することです。

リアルタイムで空席状況が確認できるので、便利です。

もちろん、JR東海ツアーズの支店でも確認することができます。支店まで行けば、分からないこともその場で聞くことができますし、すぐにクーポンがもらえるので安心です。上記の通り、ぷらっとこだまは普通の切符ではなく、添乗員等が同席しない募集型企画旅行という位置づけのため、普通の切符とは違う点がいくつか存在します。

初めての方は分からないこともあると思うので、支店に行って確認しながら購入するのが確実でしょう。

ただし、支店に行った場合でも、出発日当日の予約はできないので、注意が必要です。

上記のように様々なメリットのあるぷらっとこだま、これから新幹線に乗る予定のある方、是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク