スポンサードリンク

旅行の持ち物チェックリストに関して 有名な旅行会社 お勧めの国内旅行 旅行ギフト券に関して

 いざ、旅行に行くと決めたら、準備をすることが大切ですね。

その準備も、旅行の楽しみの一つ。旅先でこんなことしたい、あんなことしたい、と思いながら、だったら、これ、準備しようと考えることも楽しみですね。

旅行の準備をするときには、旅慣れた人であっても、忘れ物をして、いざというとき、困った、ということもあります。

もちろん、国内旅行でしたら、ごく一部の離島を除けば、大概のものは、現地で手に入りますが、自分が使い慣れたものを使いたい、余計な出費をおさえたい、と考えるなら、忘れ物をしないように、自分でチェックリストを作成して、それにそって準備をしておくとよいでしょう。

ごく一般的な旅行の準備物品のチェックリストは、インターネットなどで調べると、一覧表の形で提示されていますので、そういったものを参考にするとよいでしょう。

スポンサードリンク



 

ただ、それはあくまで一般的なものですので、旅先、旅行の目的によっては、自分で追加・修正をするということも必要となります。

たとえば、本州ではもう秋の気配がするから、と思っていても、沖縄にいけば、まだまだ紫外線を多く含んだ夏の陽射しがしっかりと降り注いでいる、ということもあります。

そうなると、日焼け止め、サングラスは必須アイテムになります。また、持っていく洋服も異なります。

逆に、本州から、北海道、知床に旅行にいく、となると、本州は春の陽気を感じる季節になっていても、防寒用具が必要、ということもあります。

そういったことを考えて、チェックリストにはないことも確認をしましょう。

さらに、前日までに旅行の準備を整えたとしても、当日朝まで使用しているものを入れ忘れる、ということがないように、当日朝に必要なものは別途チェックリストを準備しておくとよいでしょう。

たとえば、コンタクトを使用している人が、朝、起床後、眼鏡からコンタクトに変えたあと、眼鏡をカバンに入れ忘れる、ということのないように、ということです。

スポンサードリンク



 

有名な旅行会社に関して

旅行を企画している会社には、大手と呼ばれる会社、たとえば、JTBや近畿日本ツーリスト、日本旅行などの会社もあれば、たとえば、阪急交通社やクラブツーリズムといった、格安の企画旅行を多く販売している会社もあります。

さらには、航空券とホテルの組み合わせでの販売が得意なHISのような会社もあれば、インターネット販売を中心とした、中堅から小規模な旅行会社もあります。

また、旅行先に特化して、たとえば、沖縄旅行に強い会社もあれば、その地域で知られた旅行会社などもあります。

いろいろな会社がある中で、その会社の特徴をつかみ、選択していくとよいでしょう。

大手の有名旅行会社は、大手だけに、宿泊先、食事休憩をするところ、観光地など、きちんとした情報に基づき、それなりのレベルのところを選んだ企画になっていることが多いです。

また、移動手段も、バスであっても、トイレ付のゆったりとしたバスを選んでいたり、長距離の移動は飛行機等を使用したり、というように、ツアーの企画を工夫したものが多いです。

さらに、ホテル一つをとってみても、同じ5つ星ホテルであっても、大手の場合、駅からそばの立地で、個人で動くのにアクセスの良い所を選んでいる、というように、それなりの品質が保たれていると考えてよいでしょう。

1ツアーで、募集する人数も制限をして、添乗員の気配りが十分できる人数としている場合も多いです。

ただし、そういった企画内容になっていますので、値段もそれなりにします。

そういったサービスを必要としない場合、必ずしも有名旅行会社を選ばなくとも、自分の必要なサービスを提供してくれる会社を選ぶというのも一つの手段でしょう。

スポンサードリンク



 

お勧めの国内旅行ランキング

お勧めの国内旅行先ですが、自分の旅行の目的に合わせて考えるとよいです。

たとえば、国内の国宝と呼ばれているお城をめぐりたい、となると、その国宝のあるところを選ぶということになります。

そのなかでの、お勧めの一番は、改修も終えた姫路城となります。

ただし、京都の二条城も捨てがたい魅力がいっぱいのお城です。

それを考えると、お勧めの旅行先の一番は、姫路近辺、ついで、京都となりますが、総合的に考えると、お城だけではない楽しみの多い、京都が一番お勧めできる旅行先になります。

これが、たとえば、温泉好きで、温泉でゆったり、まったり過ごしたい、その場合のお勧めランキングは、となると、熱海や別府、草津となりますが、関東に住んでいて、1泊2日で温泉を楽しみたいとなると、熱海や草津がお勧めで、しかも、ベタではありますが、熱海であれば、箱根や伊豆も楽しむことができますので、熱海を一番お勧めできます。

これが、もう少し時間があるのであるならば、別府、そして、その近くの由布院がお勧めになります。

ようは、自分が何を目的として旅行に行きたいか、ということで、お勧めの場所が変わってきますので、自分の目的に合わせて、そして、自分の住んでいるところや、旅行日数に合わせて、旅先を決めていくとよいでしょう。

スポンサードリンク



 

旅行ギフト券に関して

旅行ギフト券というものがありますが、ご存じでしょうか。

これは、JTBや近畿日本ツーリスト、日本旅行などの大手の旅行会社が作成・販売しているもので、そのギフト券で、旅行代金の支払いができるというものです。

たとえば、両親の結婚25周年を記念して、とか、両親の退職を記念して、といったときに、子どもたちから、両親へ、とお祝いの品として贈られる、ということもよく耳にする話です。

ただ、一部例外もありますが、通常は、その旅行会社の商品しか購入できないことになっていますので、そういった点での制約は生じてます。気に入ったツアーがたまたま別の会社のツアーだったということになった場合、利用できないということになる、というディメリットが生じることはあります。

そのような方が手放すのか、金券ショップには、こういった旅行ギフト券を取り扱っているところも多くあります。気に入った旅行商品が決まっているのでしたら、その支払いをする際、金券ショップで旅行ギフト券を入手して、支払いに充てるという方法もあります。

多少割安に入手することが可能です。

スポンサードリンク



 

旅行にお勧めのバッグ

旅行に行くときには、貴重品を入れるバック、旅行中、簡単な手荷物を入れるバック、着替えなど旅行に必要なものを入れるバックの3つを準備しておくと安心です。

もちろん、貴重品を入れるバックが少し大きめで、簡単な手荷物もその中に入る、という場合には、2つのバックでもよいかもしれません。

この簡単な手荷物というのは、たとえば、調節用のストールを入れておく、とか、ガイドブックを入れておく、とか、ちょっとしたお菓子を入れておく、などといったものになります。

身の回りの品を入れておくバックは、キャスター付きのスーツケースを準備することが近年では多くなってきています。重たいものを入れても、持ち運ぶ上で苦痛が少ないので、特に年配者にはお勧めできます。

こういったバックの中には、バックの上に腰かけることができるようになっているものもありますので、必要に応じて選ぶことができます。キャスターは大きめで、4点ついているもの、そして、どの方向にもキャスターが回るものが、扱いやすいです。

貴重品を入れるバックは、できれば、手が自由になるものがよいです。ポシェットタイプの物をお勧めします。

リュックタイプもよいのですが、物を取り出しにくいこと、混雑時には、背中にあるリュックが他者に迷惑をかけてしまうこともあるからです。

いずれにしても、ずっと持っているわけですので、軽いものがお勧めです。

なお、簡単な手荷物を入れるバックは、どのようなバックでもかまいません。エコバックのようなもので十分と考えます。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク