スポンサードリンク

あさひ自転車とは 店舗ネット通販に関して フリーパワー自転車とは取付や料金

あさひ自転車は、正確には「サイクルベースあさひ」という店名で、全国にチェーン展開しています。

各店舗では、自転車の販売やその修理、更に、自転車に関連する各種のグッズの販売も行っており、自転車のことなら何でも気軽に相談することができます。

関東甲信越のエリアには約180店舗、東北・北海道エリアにも18店舗が展開されており、日本で最大の自転車販売店チェーンです。

東京都と神奈川県、大阪府には、話題の電動アシスト自転車の専門店舗も構えています。

また、スポーツ自転車の専門店舗も全国に27店舗展開しているので、そのような自転車に乗ってサイクリングを楽しむ人から、自転車を使った競技についての本格な相談を行うことまで可能です。

店舗まで行くことができない人に対しては、自社のネット通販コーナーも用意しているので、こちらも是非利用してください。

スポンサードリンク



 

あさひ自転車の店舗の探し方

あさひ自転車(以下、サイクルベースあさひ)の店舗は、同社のホームページで探すことができます。

以下のトップページの左上に表示されている4つのアイコンの中から「店舗検索」を選択してください。

開いたページの左側には、エリア別や店舗のスタイル(電動アシスト車専門店、スポーツ車専門店など)別の選択があります。

ここから店舗を選んで進んでいっても構いませんし、右側から住所や郵便番号による検索も行えます。

ただし、住所での検索は、大雑把あと行えないので注意してください。

例にもあるように、都道府県名と市町村名、できれば更に続く住所まで入力しないと正確に表示されません。

その下の郵便番号による検索も、完全一致のみに対応しているので、できれば左側のエリア別などのメニューから進んでいく方が確実です。

関東・甲信越エリア→東京都と進んでいけば、東京にあるサイクルベースあさひの店舗一覧が表示されます。赤く「新規出店」とマークがある店舗は、最近できたばかりの店舗です。

スポンサードリンク



 

あさひ自転車ネット通販に関して

サイクルベースあさひでは、自社で通販サイトを用意しています。このページには、同社のホームページのトップページの右上にあるアイコンの「ネット店」から、もしくは一番下の「ネットショップ」から進んでください。

このサイトでの支払いは、クレジットカード、代引、コンビニ払い、またはペイジー(PAy-easy)が利用できます。

実店舗で扱っている自転車や関連商品のほとんどが掲載されているので、店舗まで行くことができない人でも様々な種類、タイプの自転車や関連グッズの購入が行えます。

ただし、このネットショップでは基本的に在庫というものを持っていません。

注文があってから各商品のメーカーに発注をするというスタイルをとっている為、発送までに多少時間が掛かります。中には注文したにも関わらず、メーカーに在庫が無かった為にキャンセルとなってしまうこともあります。

在庫があった場合、自転車は注文から6~14日、関連グッズは2~7日程度で到着します。

例外的にあさひ自体で在庫を持っていた場合には、もっと早く届くこともあります。(自転車本体以外に限ります)

スポンサードリンク



 

フリーパワー自転車とは?値段や販売店は?

テレビ番組で特集されたこともあって、このフリーパワー自転車というものが一部で注目され始めています。どういう自転車かと言えば、電気に頼ることなく、自力でアシスト力を溜めて利用するという仕組みになっています。

具体的にはシリコンの反発力を利用しており、ペダルを漕ぐことでそれを押し潰した力が漕ぐのを止めた時、またはそれまでより緩く漕いだ時に使われます。

その為、漕ぎ出しに違和感がありますが、慣れてくるとこの反発をうまく利用して、長い道のりをあまり力を入れずに走れたり、坂道を多少楽に登ることができます。

ただし、電動によるアシストとは比べる術もなく、常に一定のアシスト力がある訳ではないので、多少楽になる程度だと考えておいた方がいいでしょう。

このフリーパワー自転車にあまり過度な期待は禁物です。

特にこれまで電動アシスト自転車に乗っていた人だと、全くパワーがないように思えてしまうでしょう。

それに代わる存在とまではとても言えませんが、自力だけでアシスト力を発揮できるという点と、自転車ごと買い換える必要がない(必要な部品を取り付ければ、大抵の自転車をフリーパワー自転車にすることができます)という点から、一部では人気になっています。

このフリーパワー自転車へ改造する部品は、各自転車店に直接相談してみてください。大きな店舗では扱っていることが多いです。値段は現在では工賃も含めて、約8千円~1万2千円程度となっています。

スポンサードリンク



 

フリーパワー自転車の取り付けに関して

フリーパワー自転車は、最初からそのものが発売されている場合も無くはありませんが、現在では一般的には部品交換でそのように改造して作ります。

交換する部品は、ペダルの付け根にあるチェーンが掛かっている大きなギア部分です。

このギアをシリコンが内蔵されたものと交換すると、それだけでフリーパワー自転車になるのです。特殊なスポーツ車などを除き、大抵の自転車を簡単に改造できます。

もちろん合法的な改造なので安心してください。

この部品だけの販売も行っていますが、よほど自転車に慣れた人でないと自分での交換は難しいと思うので、サイクルベースあさひなどの自転車専門店で部品を購入し、同時に作業を行ってもらった方がいいでしょう。(小さな個人店舗では扱っていないこともあります)

実際に乗ってみて、どうしても慣れない時には元に戻すことができます。その為に、交換した元のギアは大切に保存しておきましょう。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク