スポンサードリンク

オリックスレンタカーの店舗の探し方に関して

オリックスレンタカーの店舗は公式サイトから検索でき、都道府県や空港、駅名、ランドマークなどを指定できて便利です。

店は検索するとナビタイムでマップが表示され、住所や電話番号のほかに営業時間を確認できます。

予約は決まればその場でできるため、利用する日時や詳しい内容を入力して送信すると完了できて便利です。

車を借りる時は在庫がないとできないためなければ近隣の店舗を探し、ビジネスや市内観光など利用する人数や好みに合わせて決める必要があります。

お得に利用したい場合はキャンペーンの情報を検索し、チャンスを活かして予約を取ると気軽に借りれて便利です。

店舗を検索する時は都道府県ごとに数が紹介され、目的地の近くにあるかどうか確認して予約を確保すると安心して借りれます。

スポンサードリンク



 

オリックスレンタカーの料金に関して

オリックスレンタカーの料金は車種に応じて最低料金が決められ、時間が長くなれば上がる仕組みです。

基本的に6時間、12時間、24時間、1日があり、追加すると1時間ごとに発生しハイシーズンになると割高になります。

ハイシーズンは年末年始やゴールデンウィーク、お盆などで、地域によって違うため確認することが大事です。

コンパクトタイプは一人乗りをするために選ぶと便利で、最安値のため手軽に借りれます。

料金はネット予約をすると5%オフになり、キャンペーンを利用するとさらに安くなるため便利です。

何度も繰り返して利用する時はメンバーに登録するとポイントが貯まり、割引率がアップするためビジネスや市内観光など好みに合わせて使えます。

メンバーはプラチナになれば20%引きになるなど割引率が高く、ネット予約をするとお得になることがメリットです。

料金はオプションもあり、チャイルドシートやスタッドレスタイヤなど好みに合わせて選ぶと有意義に使えます。

免責補償制度は24時間単位で一般車は1080円でマイクロバスなどは2160円です。

無料のオプションはカーナビやETC車載器があり、地図が分かりづらい時や高速道路を走る場合に役立ちます。

高速道路を走行する時は利用者がETCカードを準備し、乗り捨てもできるため遠くまで行くために利用すると便利です。

スポンサードリンク



 

オリックスレンタカーの乗り捨てに関して

オリックスレンタカーはワンウェイ料金を設定し、別の営業所に返却することができます。料金は基本的に距離が長くなると高くなるため、安くするためには近くなるように場所を確かめて決める方法が望ましいです。

乗り捨ては北海道や沖縄は本州など

別のエリアになるとできないため、可能な店を探して申し込んだ通りに返す必要があります。

利用する時は出発店舗と返却店舗を選択し、日時を指定して申し込むことが必要です。

ワンウェイの利用はキャンペーンが適用されないため割高になりますが、わざわざ出発地まで戻る手間や時間がかからなくて旅行やビジネスで片道で使うために役立ちます。

別の営業所に返却する時は途中でトラブルがあればすぐに連絡し、指示にしたがって対応することが大事です。

乗り捨ては別の営業所から店のスタッフが運転して返却する手間や費用がかかり、負担する金額が増えることを認識する必要があります。

スポンサードリンク



 

オリックスレンタカーのキャンセル料に関して

オリックスレンタカーを予約する時はキャンセル料金が発生する時期を確かめ、急に予定が変わって使えなくならないようにすることが大事です。

乗用車や商用車は7日前までは無料ですが、3日前までは基本料金の20%、前日までは40%、当日は50%になります。

マイクロバスは乗用車などと率は同じですが、限度額が12960円と乗用車などの倍額になることが特徴です。

取消料金が発生した場合は店舗から請求されるため、事前に予約してそのまま放置することがないように計画を立てる必要があります。

キャンセルは電話またはネット上でできますが、車を確保しているため直前にすると迷惑がかかりなるべく避けることが大事です。

スポンサードリンク



 

オリックスレンタカーのスタッドレスタイヤに関して

オリックスレンタカーは冬場でも安心して走れるようスタッドレスタイヤを用意し、平日に利用すると無料でできるため便利です。

スタッドレスタイヤは対象車種が決められているため事前に確認し、対象期間や曜日を確かめて申し込む必要があります。

休日や冬休み期間は有料になるため店に料金を確認し、雪が深くても安心して走れるようにすることが大事です。

スタッドレスタイヤやチェーンは冬場になると装着が義務化され、北海道や東北地方などで利用する際には事前に確認して申し込むと安心できます。

冬場のオプションはスキーキャリアなどがありますが、沖縄など温暖な場所は扱っていないことが特徴です

。他にもオプションがあり安心して運転できるようにするとドライブが楽しくなり、冬場はフロントガラスが曇りやすくなるため事前に店に確認する必要があります。

スタッドレスタイヤは氷や雪の上でも安心して走行しやすく、逆に付けていないと滑りやすくなるため規則を守って運転することが重要です。

タイヤは道路状況や気象状況などを確かめて決めないと運転中にトラブルが起きやすく、快適に走行できるように準備してから利用することが求められます。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク