スポンサードリンク

ライフカードのポイントを確認する方法

ライフカードで発生したポイントを確認する方法は、2種類あります。会員サイトもしくは電話です。

後者の電話ですが、ライフカードには複数の電話番号があります。それぞれ問い合わせの受け付け内容も異なりますが、ポイントを確認したいのであれば、045から始まる番号になります。

・ライフカードホームページお問合せに関して

https://lifecard.dga.jp/faq_detail.html?id=1855

フリーダイヤルではありませんから、注意が必要です。

045という問い合わせ先の場合、基本的にはナビダイアルになりますから、所定の番号をプッシュする事になります。11#や21#など色々ありますが、ポイント確認なら42#になります。

ただし電話の場合は、問い合わせの時間帯は9時30分から17時30分になります。月初や月末あたりは電話は若干つながりづらいので、注意が必要です。

もう1つの会員サイトという方法ですが、まずライフカードのトップページにアクセスします。

ページの左側にオレンジ色のボタンがありますが、それをクリックするとIDとパスワードを入力するページになります。

ログインすると、ポイント紹介という項目がありますから、それをクリックすればポイントを確認できます。

スポンサードリンク



 

ライフカードのポイント交換に関して

ライフカードを使いますと、ポイントが発生します。他社のクレジットカードと同じく、貯めたポイントは所定の商品と交換する事も可能です。ちなみにライフカードの場合は、「サンクスポイント」という名称になります。

そのポイントを交換する方法は2つあり、電話もしくはWEBです。前者の電話ですが、ポイント交換の場合は045から始まる番号に電話をかけて、手続きを進めます。

自動音声でポイント交換のアナウンスが流れますから、その通りにボタンを押していけば、ポイントを交換できます。

WEBの場合は、会員ページです。自分の会員ページにログインし、現在使用しているカードを選択します。ページ内にて特典申し込みの手続きを踏めば、ポイントを交換できます。

なおポイントには、交換期限があります。所定の期限を超過しますとポイントは使用できませんので、注意が必要です。

スポンサードリンク



 

ライフカードの解約手続きに関して

ライフカードの解約手続きは、電話で受け付けています。ライフカードはWEBでは解約できず、電話限定になります。

電話による解約方法は、2つあります。まず045から始まる番号に電話をかけて、32#を押します。自動音声でのやり取りで、解約手続きを進めることになります。

受け付け時間は、8時から23時です。夜中は受け付けしていませんから、注意が必要です。

また自動音声でなく、オペレーターと直接やり取りする方法もあって、上述の番号に電話したら、7#を押します。自動音声とは受け付け時間が異なり、9時半から17時半になります。

どちらの方法でも、必要情報を伝えると解約できます。

ちなみに解約の際には、ライフカードのカード番号と暗証番号が必要です。その2つの番号が不明では手続きできませんから、注意が必要です。

スポンサードリンク



 

ライフカードの問い合わせ電話番号について

ライフカードには、問い合わせ用の電話番号が複数あります。それぞれ問い合わせの受け付け内容が異なりますから、注意が必要です。

例えばあるフリーダイヤルの番号は、カードの紛失に関する問い合わせのみ受け付けています。

その番号ではポイント照会できませんし、海外サービスも利用できません。

ライフカードの問い合わせ先は、全部で8つあります。それぞれ問い合わせの受け付け内容も異なりますが、番号は公式サイトで確認できます。

具体的には、まずライフカードのトップページを開きます。

・ライフカードテレフォンガイド

http://www.lifecard.co.jp/contact/telguide.html

ページ上部に問い合わせという項目がありますので、クリックします。するとテレフォンガイドというボタンがあるので、それをクリックすると番号を確認できます。

スポンサードリンク



 

AOYAMAライフマスターカードについてや年会費に関して

AOYAMAライフマスターカードには、ポイントの還元率に特徴があります。

洋服の青山で使用した時のポイントは、100円につき4ポイントになります。

還元率は4%ですが、洋服の青山でカードを使用した時に限り、5%割引されるのが特徴的です。

還元率は使用月によって異なり、自分の誕生月にカードを使用した時は、8.6%相当になります。他社の還元ポイントと比べると、とても大きな数字です。

ただし発生するポイントは、利用サービスによって異なります。洋服の青山で使用した時は、比較的多くのポイントが発生します。

それ以外のサービスでのポイントの数は1%です。つまり洋服の青山での買い物なら、4倍近くのポイントが発生する訳です。

普段から洋服の青山で買い物する機会が多いなら、AOYAMAライフマスターカードを発行しておくメリットは大きいです。

交換先は洋服の青山とJ-WestとPiTaPaがあります。洋服の青山なら、1ポイント1円で使用できますが、後者の2つは半分程度になってしまいます。

お得にポイントを使用したいなら、洋服の青山がおすすめです。

ただしAOYAMAライフマスターカードには年会費があって、1,250円と消費税になります。ただし初年度は無料であり、2年目から1,250円になります。

またAOYAMAライフマスターカードには家族カードもあって、それも初年度は無料です。ただし2年目以降は、1枚あたり400円になります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク