宮古島のお土産ランキング 観光モデルコース 天気や空港情報に関して

宮古島に旅行に行く目的は人それぞれですが、お土産をどのように決めるか迷っている場合はランキングを参考にすると選びやすくて便利です。

ランキングのトップは雪塩で、宮古島の海の恵みを味わえるため人気があります。

人気の要因は粉雪のように真っ白なパウダー状で、原料は海岸沿いの琉球石灰岩層の地下約22m地点から汲み上げた地下水です。

特徴はミネラル成分が多く含まれまろやかな塩気と濃厚なコクがあり、料理を作る時に使うとおいしくなります。

2位はモンテドールのバナナケーキで、40年間地元で愛されていることが特徴です。

3位はさとうきびシロップで、宮古島のさとうきびのみを使い昔ながらの製法で作られています。

4位は宮古島で人気の洋菓子店のけーきはうすのマンゴー雪しずくで、地元のマンゴーを使って作るカップケーキです。

5位は宮古島産塩漬けもずくで、島の中で特にもずく栽培が盛んな狩俣産のものを中心に使われ様々な料理として使えます。

宮古島は離島のため様々なお土産があり、旅行の記念として選ぶと家族や友人などに喜ばれて良いものです。



 

宮古島の観光モデルコースに関して

宮古島といえば温暖な気候や美しい海が特徴で、多くの観光名所やリゾート地があります。

観光モデルコースの決め方は人それぞれですが、他の地域では味わえないものを体験できるように決めたいものです。

砂山ビーチは宮古島でも最も有名なビーチで、アーチ状の岩がありコバルトブルーの海が広がります。

池間島は宮古島と橋でつながり、途中に八重干瀬と呼ばれる珊瑚礁があり海の景色も絶景で人気です。

雪塩ミュージアムは宮古島の名物の雪塩の製造工程を学べ、売店では石鹸やソフトクリームなど雪塩を使ったものを購入できます。

食事は宮古島郷土料理を味わうと記念に残せ、郷家では地元の酒の泡盛を味わいながら三味線や島唄のライブを楽しんでラフテーやゴーヤチャンプルーなどを味わえます。

来間島は竜宮城展望台があり、南国の海の美しさを堪能できることが魅力です。

モデルコースは以上のような有名な場所を中心に決め、限られた時間の中で満足できるようにすると楽しめます。



 

宮古島の1年の天気に関して(天気予報の調べ方も)

宮古島に旅行する時は天気が良ければ景色を楽しめますが、悪いと意味がなく残念になります。

天気予報はネットで検索すると週間予報なども分かりますが、離島の天気は急に変化しやすく注意が必要です。

1年の天気は過去のデータを分析して降雨日数などを確かめ、最高気温や最低気温の状況を知ると行くきっかけになります。

宮古島は基本的に最低気温が11度と他の地域のように寒くならないため、冬場に旅行する観光客が増えています。

夏場は基本的に暑く最高気温は34度程度になり、日差しが強くなるためレンタカーで移動する方法が望ましいです。

降水量は沖縄の離島という場所柄もあり、台風のシーズンになると格段に多くなります。

雨は短時間で大量に降る傾向があり、事前に天気予報を確かめてから旅行に影響がないように行くことがポイントです。



 

宮古島空港に関して(時刻表の調べ方も)

宮古空港は島の西側で伊良部島に渡る橋の近くにあり、時刻表は空港の公式サイト以外に航空会社の予約サイトやナビタイムなど飛行機の情報を調べるサイトなどで確認できます。

フライトスケジュールは航空会社によって変わり、需要に合わせて時刻の変更が行われる傾向が強いです。

宮古空港に発着する路線は那覇空港が多く多良間島や石垣島の路線があり、県外は東京(羽田)や大阪(関西)、名古屋(中部)があります。

東京までは2時間30分で一日2往復、大阪までは2時間で一日1往復、名古屋までは2時間15分で一日1往復あり、那覇までは45分で一日5往復あります。

空港内は出発ロビーに宮古島の郷土料理店やお土産品を揃えた店があり、他にも喫茶店やレストランがあり出発までくつろげることが特徴です。



 

宮古島のお勧めのグルメに関して

宮古島は沖縄ならではの島料理が味わえ、郷土料理店や食堂に関する情報を知ると旅行を楽しむきっかけになります。

島の名物といえばマンゴーやゴーヤ、太もずくなどで、グルメサイトや雑誌などで行きたい店を探すと便利です。

お勧めのグルメはやはり他の地域では味わえないもので、てびちを使ったおでんやそばなどが注目されています。

有名な居酒屋といえば郷家が注目され、沖縄民謡のライブを聞きながら島らっきょを使う料理を味わえることが特徴です。

宮古島といえば海に囲まれているため魚料理がおいしく、泡盛を飲みながら味わうとテンションが上がります。

魚以外には肉料理も有名で、宮古牛のステーキやキジ鴨のローストなども人気です。

他にもラフテーや海ぶどうなど沖縄ならではの料理もあり、島内には多くのレストランがあるため好みに合わせて決めると満足できます。

メニューや価格はグルメサイトで事前に確認すると入りやすく、旅行の思い出作りになるように注文すると良いものです。

お勧めのグルメは人それぞれですが、ランキングが上位の店は利用者が多く空いている時間帯に行かないと待たないといけないこともあります。